レーベル印刷|紙ジャケット・デジパックCDプレス!紙ジャケット.com

紙ジャケット.com
s

レーベル印刷とは

レーベル印刷とは、CD盤面への印刷の事を指します。
レーベル印刷の方法には大別すると、CMYKのインクを掛け合わせて印刷するオフセット印刷、塗色を版ごとにPANTONEカラーから指定するシルク印刷とがあります。

オフセット印刷

オフセット印刷

オフセット印刷は、ジャケットの印刷と同様にCMYKのインクを掛け合わせて印刷する方式です。
ディスクの表面に白ベタを敷いてから印刷しますので紙の印刷と同じようにCMYKのインクが発色し、比較的にモニター上の見た目と近い印刷結果となります。

写真やグラデーションも表現出来てデザイン作成もジャケット印刷と同じで簡単な反面、中間色でムラが発生しやすく、またベタ塗りの質感に粒子感が目立つ傾向にあります。

イラストのようなレーベルデザインを制作する場合は、デザイン上では見た目のままで制作し、注文フォームにて「オフセット印刷」を選択下さい。

オフセット印刷(白ベタ無)

オフセット印刷(白ベタ無)

オフセット印刷(白ベタ無)は、ディスク表面に白ベタを敷かずに直接CMYKのインクを塗る印刷方式です。
ディスクの表面に白ベタを敷いていませんのでインクの発色が弱く、アルミの上に直接印刷をしたようなメタリック調の仕上りとなります。

通常のオフセット印刷と同様に写真やグラデーションも表現出来てデザイン作成もジャケット印刷と同じで簡単な反面、中間色でムラが発生しやすく、またベタ塗りの質感に粒子感が目立つ傾向にあります。

イラストのようなレーベルデザインを制作する場合は、デザイン上では通常のオフセット印刷と同様に見た目のままで制作し、注文フォームにて「オフセット印刷(白ベタ無)」を選択下さい。

シルク印刷

シルク印刷

シルク印刷は、塗色を版ごとにPANTONEカラーから指定して印刷する方式です。
基本的に指定した色でのベタ塗りとなるため、色再現性は高いですがグラデーションや細かく複雑なオブジェクトの表現には不向きです。
しかし、べた塗り部分の質感が高く、文字とロゴ等の単純な図形の場合はシルク印刷がおすすめです。

シルク印刷は下の色の影響を避けるため、薄い色から塗る必要がありますので、黒い下地に白い文字をデザインする場合は、白ベタの上に文字部分をくり抜いた黒い版を敷くイメージとなります。

イラストのようなレーベルデザインを制作する場合は、デザイン上では白ベタ部分を「PANTONE White」レイヤー、その上に文字部分をくり抜いた黒100%の「PANTONE Black」レイヤーと色ごとにレイヤー分けをして制作し、注文フォームにて「シルク印刷」を選択、シルク印刷色指定を刷り順1「White」、刷り順2「Black」とご記入下さい。

s